円山公園の「平野屋本家」で昼食(名物「いもぼう」)の後、嵐電北野線で「御室桜(おむろざくら)」で有名な「仁和寺(にんなじ)」へ向かいました。

【1】 御室桜と五重塔
20180402_仁和寺_1

【2】
20180402_仁和寺_2
  広い境内は入口から色とりどりです。

【3】
20180402_仁和寺_3

【4】
20180402_仁和寺_4

【5】
20180402_仁和寺_5

【6】
20180402_仁和寺_6
  下から撮っているので大きく見えますが、御室桜は複数の幹が根元から広がる高さ2~4メートルの低木。
  境内の中門をくぐった西側に約230本が植えられ、桜のトンネルを形作っています。

【7】
20180402_仁和寺_7

【8】
20180402_仁和寺_8
  御室桜は遅咲きでまだ咲きはじめとの情報だったのですが、異常な暖かさで一気に開いたようで、ちょうど見頃になっていました。

【9】
20180402_仁和寺_9

【10】
20180402_仁和寺_10
  濃い紅紫色で満開のミツバツツジも境内のあちこちで見られます。

【11】
20180402_仁和寺_11
  シダレサクラとミツバツツジとソメイヨシノの競演

【12】
20180402_仁和寺_12

  今回の旅行の最後は金閣寺。
  仁和寺のあと、石庭越しのシダレサクラで有名なお隣の「龍安寺」にも行きたかったのですが、時間がなくなりタクシーで金閣寺へ向かいました。
【13】
20180402_金閣寺_1

【14】
20180402_金閣寺_2
  閉門の5時近くに入りましたが、金色に輝く金閣寺がとてもきれいでした。

【15】
20180402_金閣寺_4

【16】
20180402_金閣寺_5

【17】
20180402_金閣寺_6
  金閣寺の庭園内は松の木が主体でお花見するような桜はほとんどないため、帰り際に一枚だけ  

  (撮影日:2018年4月2日 / FUJIFILM X-T1)